ヘルプ 

カゴの中は空です
-合計:0円-
 
 
古書目録
  闘病記
 <患者や家族による記録・回想録>
  著名人の闘病記
 <本人・家族などによる記録・回想録>
  患者学
 <病気と治療法を学ぶ>
  医療の現場
 <医療の現場を知る>
  生き方
 <生きる意味を考える>
  シニアライフ
 <人生黄金期の入門書>
  セレクション
 柳田邦男<病と闘う患者や医師の生き様>
  柳澤桂子<闘病体験で見えた生きる意味>
  五木寛之<生老病死を見つめた人間論>
INFORMATION
  ご利用ガイド
  特定商取引法に基づく表示
  買取について
 
 
 赤ひげ書房ブログ
  セレクション【新着順】
 
TOTAL61冊(1/3ページ)
元気が出る患者学[F011]
病気や治療法の知識から、医療者との接し方、どのように「生きがい」を見つけるかに至るまで賢く病気と付き合うガイドブック。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:2003年6月
版形:新書
在庫:5
価格:200円 数量
脳治療革命の朝[F0110]
従来は蘇生するとは考えられなかった脳死寸前の患者を次々と生還させる「脳低温療法」とは?救命医療の最前線を克明に追跡。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:2000年3月
版形:単行本
在庫:2
価格:1,200円 数量
犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日[F0111]
自ら命を絶った25歳の息子の脳死から腎提供に至る最後の11日を克明に綴った感動の手記。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1997年4月
版形:単行本
在庫:
価格:730円
『犠牲』』(サクリファイス)への手紙[F0112]
『犠牲 わが息子・脳死の11日』をなぜ書いたか─内面の葛藤と読者からの反響を通して、書くことによる癒しと再生を率直に綴る。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1998年4月
版形:単行本
在庫:1
価格:630円 数量
人間の事実[F0113]
大変動した日本のこの25年にいかなるノンフィクションが書かれたか−1万冊を読破した著者が見出した同時代日本人の自画像。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1997年2月
版形:単行本
在庫:2
価格:700円 数量
読むことは生きること[F0114]
病んだ時、生き方に迷った時、いつでも本は道を示してくれた。「日本人の生と死」を見つめてきた著者の読書エッセイ。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:1999年1月
版形:単行本
在庫:2
価格:890円 数量
言葉の力、生きる力[F0115]
胸に刻み込まれた言葉が、絶望を希望に変える―日本語がもつ豊饒な力と煌めきを呼び覚ますエッセイ集。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:2002年6月
版形:単行本
在庫:3
価格:780円 数量
壊れる日本人−ケータイ・ネット依存症への告別[F0116]
著者は、携帯・ネット依存は効率主義に支配された現代社会の最も象徴的な現象と指摘する。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:2005年4月
版形:単行本
在庫:
価格:730円
「人生の答」の出し方[F0117]
末期がん、難病などと闘いながら光り輝く言葉を遺した人々を描き、本当に生きた時間とは何かを説く。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:2004年4月
版形:単行本
在庫:1
価格:500円 数量
この国の失敗の本質[F0118]
日本人は猛烈なガンバリズムによってモノとカネは手に入れたけれど、何かを失った。得るものが大きければ、失うものも大きかった。

著者:柳田邦男
出版社:講談社
出版年:1998年12月
版形:単行本
在庫:1
価格:950円 数量
こころの深みへ−「うつ社会」脱出のために[F0119]
「事実の問題」の作家と「心の問題」の専門家が20年かけて深めた「生き方の問題」。

著者:柳田邦男、河合隼雄
出版社:講談社
出版年:2003年9月
版形:単行本
在庫:
価格:840円
「死の医学」への序章[F012]
命の刻む音を聴きながら自らの死をみつめ、記録して逝った精神科医西川喜作の模索のあとを辿りつつ思考する「死の医学」。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:1986年12月
版形:単行本
在庫:1
価格:580円 数量
砂漠でみつけた一冊の絵本[F0120]
絵本の豊かな世界は、生きることを深く問いかける。人生の体験を経た大人だからこそ発見できる絵本の読み方、現代人の心の糧を探す。

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:2004年10月
版形:単行本
在庫:
価格:730円
新・がん50人の勇気[F0122]
昭和天皇から本田美奈子まで、がんと向き合った作家・俳優・音楽家・学者・僧侶・企業人の最期の瞬間まで生を全うしたドキュメント。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:2009年12月
版形:単行本
在庫:2
価格:1,100円 数量
心の貌−昭和事件史発掘[F0123]
日本と日本人を解き明かす光クラブ事件、金閣寺放火事件、下山事件、御成婚とミッチーブーム、東京五輪女子バレーなど12の事件。

著者:柳田邦男 他
出版社:文藝春秋
出版年:2008年1月
版形:単行本
在庫:1
価格:1,100円 数量
ガン 50人の勇気[F013]
がんによる死が悲惨なものとは限らない。がんでありながら淡々と、ひょうひょうと、あるいは精一杯明るく生きた人々がここにいる。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1981年3月
版形:単行本
在庫:1
価格:500円 数量
「死の医学」への日記[F014]
末期に臨んで、人は自らの人生を完成させるべく、どのような死を創るべきなのか?また、死にゆく人を医療はどう支援すべきなのか?

著者:柳田邦男
出版社:新潮社
出版年:1996年7月
版形:単行本
在庫:8
価格:650円 数量
ガン回廊の朝[F015]
国立がんセンターを舞台に、あらゆるがん治療と研究に取り組む臨床医や研究者たちの生命を賭けた苦闘とその成果を描く。

著者:柳田邦男
出版社:講談社
出版年:1979年6月
版形:単行本
在庫:
価格:2,600円
明日に刻む闘い  ガン回廊からの報告[F016]
がん治療の最前戦を紹介するとともに、ホスピス、痛みへの挑戦など患者の側に立った治療の未来を考える。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1981年8月
版形:単行本
在庫:2
価格:630円 数量
ガン回廊の炎[F017]
大きく変貌し前進するガン医学・医療―。様々な領域で情熱の炎を燃やしつづける人たちの苦闘とその成果の記録。

著者:柳田邦男
出版社:講談社
出版年:1989年7月
版形:単行本
在庫:1
価格:840円 数量
事実の核心[F018]
情報を読みとるポイントは何か?日々伝えられる様々な「事実」の分析を通して情報のとらえ方、目のつけどころを考える。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1988年6月
版形:単行本
在庫:1
価格:530円 数量
いのち 8人の医師との対話[F019]
患者の立場に立つ医療、人間性復権を考える医師たちと「あたたかい死」を追求する。

著者:柳田邦男
出版社:文藝春秋
出版年:1996年10月
版形:単行本
在庫:1
価格:1,200円 数量
愛をこめ いのち見つめて[F021]
がんを超えて、いのち輝け!がん研究半ばに病いに倒れ、病床からがんの友へ送りつづけた感動の書簡集。

著者:柳澤桂子
出版社:主婦の友社
出版年:1986年5月
版形:単行本
在庫:
価格:730円
いのちの日記[F0210]
絶え間ない病苦、そして孤独と闘い、信仰心が形づくられていった人生経験と、こころの軌跡を率直に書き綴る。

著者:柳澤桂子
出版社:小学館
出版年:2005年10月
版形:単行本
在庫:1
価格:630円 数量
次のページ>>

Copyright 2010 赤ひげ書房 Shopping Cart System.